新古今の景色(63)院政期(38)歌林苑(28)道因(2)出自は藤原北家

さて、無常の時代に歌への激しい執念を燃やして90余才まで生きた道因とは一体どのような人物であろうか。知られている略歴は次の通り。

 

道因の俗名は藤原敦頼。藤原北家の高藤の末裔で治部丞清孝の息子として寛治4年(1090)生に生まれ、没年未詳だが、治承3年(1179)「右大臣兼実歌合」に出詠して90才での存命が確認され、寿永元年(1183)年頃までには没と伝えられる。

極官は従五位上左馬助、承安2年(1172)に83才で出家。歌林苑会衆。『千載和歌集』初出、勅撰集40首入集、『千載和歌集』20首、『新古今和歌集』4首入集。

 

私は長明の「無名抄 63 道因歌に志深きこと」を読み、それ以来、道因は下級貴族の出で、若いときから俗世を見切って出家し、登連のように一途に歌に勤しんだと勝手に思い込んでいたが、何と藤原北家の出で出家ではないか。そして83才までは俗名の藤原敦頼でいたとは。

 

ところで藤原北家(ふじわらほっけ)とは、右大臣藤原不比等の次男房前を祖とする藤原四家の一つで、房前の邸宅が兄の武智麻呂の邸宅より北に位置したことに由来する。

 

藤原四家間の政争は激しかったが、嵯峨天皇の信任を得た冬嗣が急速に台頭して文徳天皇の、冬嗣の子の良房が清和天皇の、良房の養子(甥)の基経が朱雀天皇村上天皇の外祖父となり、三代にわたって天皇外戚の地位を維持したことから、北家嫡流藤氏長者=摂政関白の基盤が固まり、それ以降はこの系統による「摂関政治」が後の道長・頼通父子の時代に全盛を極め、その子孫は五摂家に別れたが、公家の最高家格はひきつづきこの五家が独占した。

 

余談だが後白河法皇の命によって描かれた『国宝:伴大納言絵巻』から、藤原北家による摂関政治の基盤は、清和天皇の外祖父として強い影響力を発揮した藤原良房によって更に強固になったと読み取る人も少なくない。 

 

その「伴大納言絵巻」は清和天皇の御代の貞観8年(866)閏3月10日の夜、内裏の重要な門の一つ応天門が炎上し、その原因は時の大納言伴義男の放火によるとされた事件の推移と結末に至る物語を、12世紀後半に語られた説話を基に描かれている。

 

 ここで当時の政治的状況を見ると、『伴大納言絵巻』(小学館ギャラリー)は、「三代実録」や「大鏡」を引用して、当時の大納言伴義男は大伴氏の系統を引く有能かつ野心満々の実力者で、一方の嵯峨天皇の皇子で初代源氏の左大臣源信とは何かと対立し、二人の間にはしばしば不穏な動きが見られたが、応天門の変を起こすほどの理由は見られなかったとしている。

 

その上で「応天門の変」の結末を見ると、

①大納言伴義男は伊豆に配流、②左大臣源信は疑いが晴れずに死去、③右大臣藤原良相は辞職を請願しつつ死去、④太政大臣藤原良房だけがライバル視していた弟までも退けて政治権力を一手に握る。

 

この結末を導いたのは、清和天皇に最も影響力を与えることの出来る外祖父の藤原良房の進言(あるいは讒言)の結果であろうとの推測が通念となっているが、なぜなら、下図の天皇に対面する後姿の男が、駆けつけたままの烏帽子・直衣の略式服でありながら、寝所の髻(もとどり)も露な素顔の清和天皇に会えるのは、天皇の外祖父である藤原良房の他には考えられないという根拠から。

 

 

f:id:K-sako:20210121153537j:plain

 

 

f:id:K-sako:20210121153544j:plain 

 

(写真は『伴大納言絵巻』(小学館ギャラリー 新編名宝日本の美術12)より)。

 

  

参考文献:『新日本古典文学大系 千載和歌集

           片野達郎 松野陽一 校注 岩波書店       

参考web:

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%8E%9F%E5%8C%97%E5%AE%B6

https://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/touren.html

 

新古今の景色(62)院政期(37)歌林苑(27)道因(1)歌への執念

『無名抄』で鴨長明は、歌に命をかけて九十余才まで生きた老法師の凄まじい執念のありようを「63 道因歌に志深きこと」で見事に活写している。

 

【歌道への志の深さにおいては道因入道(※1)に並ぶ者はいません。入道は70~80歳になるまでは「どうか良い歌を詠ませてください」と毎月都から摂津の住吉神社(※2)まで歩いて祈願のお参りをしていた事からも歌への執心が半端ではなかったことを示しています。

 

また、ある歌合で、判者の藤原清輔が道因の歌を負けと判定した時に、わざわざ清輔の屋敷に出向いて涙を流しながら恨み言を述べた時など、会の主催者であった亭主は何とも言いようがなく「あれ程の大事に遭うとは思いもよりませんでした」と後で語っていました。

 

その道因が90歳になったころは耳も遠くなり、歌合の席で人を掻き分けて講師(※3)の脇にぴったり身を寄せて、老い屈んだ姿で一心に聞き入る様子はとてもいい加減な事とは思われませんでした。

 

そして、『千載和歌集』(※4)に道因の歌が選ばれたのは彼が亡くなった後であったのですが、それでも生前の彼の歌への志を考慮した撰者の藤原俊成が当初は18首を選んだのですが、その後、撰者の夢の中に道因が現れてはらはらと涙を流しつつ喜んだということで、心を動かさた俊成がさらに2首を加え、合わせて20首が採用されることになったのも、当然の事です】

 

と、長明は賛辞を込めて道因の歌への執念・姿勢を描いていますが、これは、長明自身が『千載和歌集』に一句選ばれただけでも有頂天になった心境を同じ『無名抄』の「12 千載集に予一首入るを喜ぶこと」で吐露した事と照らし合わせれば納得できます。

 

鴨長明の時代は、自ら歌人と自認する者にとって歌合で勝つこと、『千載和歌集』『「新古今和歌集』などの勅撰集に自分の歌が採用されることが何よりの生き甲斐であったのですが、このことは、人間の「承認欲求」が時代を超えて如何に根強いものであるかを物語っています。

 

 

(※1)道因入道(だういんにゅうどう):俗名は藤原敦頼。寛治4年(1090)生まれで没年未詳。承安2年(1172)出家、治承3年(1179)には90歳で生存、寿永元年(1183)頃までには没。治部丞清孝の息子、従五位上左馬助。歌林苑会衆。『千載和歌集』初出、勅撰集40首入集。『千載和歌集』20首、『新古今和歌集』4首入集。

 

(※2)住吉神社大阪市住吉区住吉にある元官幣神社。摂津一の宮

 

(※3)講師(こうじ):歌合の席で参加者の歌を詠みあげて披露する役。

 

(※4)『千載和歌集』:後白河法皇の命で藤原俊成が撰集した勅撰和歌集で文治3年(1187)に完成。20巻、約1200首を収める。

 

参考文献: 『無名抄 現代語訳付き』久保田淳 訳注 角川文庫

 

     

 

新古今の景色(61)院政期(36)歌林苑(26)登蓮(3)

さて、鴨長明兼好法師という希代の識者を注目させた登連法師とは一体どのような人物であろうか、と、あれこれ調べてみたが、出自・系譜・生没年未詳で、判明したのは以下の事項。

 

・治承2年(1178)頃は生存。中古六歌仙、歌林苑会衆の一人。家集『登連法師集』。『詞華集』初出、勅撰入集19首、そのうち『千載和歌集』に4首、『新古今和歌集』に1首入集。

 

・仁安2年(1167)太皇太后宮亮経盛朝臣家歌合、承安2年(1172)広田社歌合、治承2年

(1178)別雷社歌合などに出詠。


・『歌仙落書』に歌仙として選ばれて八首の歌を採られて「風体たけ高くきらきらしく

また面白くも侍るなるべし」と賞讃されている。

 

・『新古今和歌集』・『続古今和歌集』所載歌によれば、筑紫へ下ったことがあり、この時、俊恵・源頼政・祐盛法師が悲別の歌を詠んでいるとされる。

 

次に『千載和歌集』並びに『新古今和歌集』に入集した登連の歌を味わいたい。

 

        『千載和歌集』  巻第十六 雑歌上

       年ごろ修行にまかり歩きけるが、帰(かへ)りまうで来て

       月前ノ述懐といへる心を読める

995 もろともに見し人いかになりにけん 月は昔にかはらざりけり

    【あの時一緒に見た人はどうなってしまったのだろう。月は昔と

     一向に変わっていないのだが】

 

        『千載和歌集』 巻第十七 雑歌中 

       述懐の歌よみ侍ける時

1121 かくばかり憂き世の中を忍びても 待つべきことのすえにあるかは

     【これほど憂い世を堪えて生きても、待った方がよいことが未来に

      あるだろうか。ありはしないものを】

 

        『千載和歌集』 巻第十八 雑歌下

       かさぎのいわ(は)や(笠置の岩屋)

1179 名にしを(お)はば常はゆるぎの森にしも いかでか鷺の寝(い)は

     やすく寝(ぬ)る

     【名の通りであるなら、いつも揺れているという「ゆるぎの森」で、どう

      して鷺は安眠できるのだろうか】

 

        『千載和歌集』 巻第十九 釈教歌

1235 おどろかぬ我が心こそ憂かりけれ はかなき世をば夢とみながら

     【迷いから覚めない自分の心は何ともいやなものだ。はかない世を夢と

      みなしているのに】

 

        『新古今和歌集』 巻第九 離別歌

882 帰りこむ ほどをや人に 契らまし しのばれぬべき わが身なりせば

    【もし、わたしが人に思い出されるような者だったら、帰ってくる時を言って

     再会を約しもしようが~わたしはそれほど人になつかしく

     思い出されるような人間とはおもわれません】

 

 

参考文献:『新日本古典文学大系 千載和歌集

            片野達郎 松野陽一 校注 岩波書店

            『新潮日本古典集成 新古今和歌集』久保田淳 校注 新潮出版

参考web:千人万首 asahi-net  

  https://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/touren.html

新古今の景色(60)院政期(35)歌林苑(25)登蓮(2)兼好法師の視点

次に登連法師の「ますほのすすき」の逸話についての兼好法師(※1)の視点を『徒然草~第百八十八段 』でみてみたい。

 

【一事を必ずなそうと思えば、他のことが駄目になることを惜しんではいけない。人の嘲りも恥じるべきではない。万事を犠牲にしなければ一つの大事をなすことは出来ない。

 

人の多く集まっている中で、ある者が、『ますほの薄(すすき)、まそほの薄などいふ事がありますが、わたのべの聖がこの事を伝へ詳しく知っているようです』と語ると、その座にいた登蓮法師がこれを聞いて、雨降が降っているにもかかわらず、『蓑笠があればお貸し願いたい。かの薄のことを教わりに、わたのべの聖のもとに尋ねてまいりたいので』と言うのを、『それにしてもあまりにも慌ただしい。雨が止んでからにされては』と皆が留めるのを『とんでもないことを仰いますな。人の命は、雨の晴れ間を待ってくれるものでしようか。私も死に、聖も亡くなってしまえば、尋ねて聞く事もできません』と、言い残して雨の中を駆け出してゆき、聖から習ったと申し伝えたという事こそ、大したことであり、またありがたいことです。

 

『敏(と)き時は則(すなわ)ち功あり』(※2)と論語にも書かれているそうです。この薄(すすき)について知りたいと思った登蓮法師のように、悟りを開いて人間として完成する機縁となる一大事の因縁を思うべきです】

 

同じ登連法師の振る舞いについて、自らを数寄者と任じる長明は「数寄者はこうでなくては」と称賛しているのに対して、人生の観察者たる兼好法師は、登蓮法師の素早い行動力を『論語』を引き合いに出して「人生訓」の例えとして述べている。 

 

(※1)兼好法師:弘安6年(1283)頃~正平7年(1352)以降。鎌倉末期の歌人。俗名:卜部兼好(うらべかねよし)。先祖が京都吉田神社の社家であったことから、後世、吉田兼好ともいう。初め堀川家の家司、のちに後二条天皇に仕えて左兵衛佐に至る。天皇崩御後に出家・遁世。歌道に志して二条為世の門に入り、その四天王の一人とされた。『徒然草』の他自選歌集がある。

 

(※2)『敏き時は則ち功あり』:機敏であれば成功する。弟子の子張が孔子に仁を問うた中で、子曰(のたまわ)く「・・・・・敏なれば則ち功あり・・・・」とある。

 

参考文献:『新潮日本古典集成 徒然草木藤才蔵 校注 新潮社

 

新古今の景色(59)院政期(34)歌林苑(24)登蓮(1)鴨長明の視点

歌林苑会衆の登連法師の「ますほのすすき」の逸話は鴨長明の『無名抄』、兼好法師の『徒然草』などに引用され、「我こそは数寄者」と自認する人たちの関心を集めていたようだ。先ずは、『無名抄』から鴨長明の視点を窺うことにした。

 

「無名抄 16 ますほのすすき」

 

【雨の降る日に、ある人のところに気心の知れたもの同士が集まって、古い事などを語っているうちに、『ますほのすすきというのは、どんなすすきなのだろう』という話になり、ひとりの老人がおぼつかない様子で『渡辺((※1)というところに、これに詳しい聖がいると聞いたが』と切り出した。

 

一座に加わっていた登蓮法師(※2)はこれを耳にして急に言葉少なになって考え込んでいたが、いきなり邸の主人に『蓑と笠を暫くお借りしたい』と申し出たので、主人が訝りながらも蓑と笠を取り出すと、登蓮法師は座を立って蓑を纏い藁沓(わらぐつ)を履いて今にも出かけそうな様子なので、皆が怪訝に思ってどういう事かと聞くと、『これから渡辺へ向かいます。このところずっと疑問に思っていた事を明らかに出来る人がいると聞いたうえは、どうしても会って直に尋ねたい』と云う。

 

一座の人は呆気にとられながら『それにしても、雨が止んでからでもよいのでは』と引き留めにかかったが、登蓮法師は『なんと愚かな事を言われるものか。自分の命も他人の命も、雨が晴れるまで待つ、などということはありません。ともかく今は静かにお待ちください』と言い置いて雨の中を出かけて行った。並外れた数寄者(※3)である。

 

さて、思い通りに尋ねた聖に会えて年来の疑問を明らかにした登蓮法師はこの事を大切に秘蔵して滅多に人に云う事はなかった。

 

このことを、登蓮法師が渡辺の聖の一代目の弟子と数えて、私は三代目の弟子として伝え聴いて知っています。この「すすき」、実はは同じようにみえて数多あります。ますほのすすき、まそをのすすき、まそうのすすきといって、三種(みくさ)あります。

 

ますほのすすきというのは、穂が長くて一尺ほどあるものをいい、かの、ます鏡(※4)のことを万葉集では十寸の鏡(※5)と書いていることを知っておくべきです。

 

まそをのすすきというのは、真麻(※6)の材料のことです。これは源俊頼朝臣の歌(※7)にも詠われています。「まそをの糸を繰りかけて」とあるようですが。糸などが乱れたような様子をしたすすきのことです。

 

まそうのすすきとは「まことに蘇芳(※8)の色である」という意味で、真蘇芳(ますおう)のすすきというべきところの言葉を略したものです。色の濃いすすきの名前です。

 

これは古い歌集などに確かにみられるという事ではないが、和歌のしきたりとしてこうした古い言葉を用いるのはよくあることです。

 

これらのことは、多くの人に知られているわけではないが、みだりに伝えることでもないのです】

 

この文章から推し量るに、みだりに人に伝えるべきではないとされる「ますほのすすき」について、長明が渡辺の聖の登蓮法師から数えて三代目の弟子として伝授されたこと、また、当時は和歌において「秘伝」として伝授する仕組みが存在していた事がわかる。

 

さて、この「ますほのすすき」に関する秘伝を登蓮法師から伝えられて長明に授けたのは誰であろうか。私の推測では、登蓮法師が俊恵の主唱する歌林苑会衆であった事から、渡辺の聖の二代目の弟子として伝え聞いた俊恵が若き愛弟子の長明に伝えたものと思われる。

 

また、ますほのすすきについての疑問を明らかにするために雨にも拘わらず渡辺の聖の元に走った登蓮法師の振舞を、自らを数寄者と任じる長明は「数寄者はこうでなくては」と称賛しつつ、自らを渡辺の聖の三代目の弟子として秘伝を伝授してくれた師・俊恵への深い敬愛の念も窺える。

 

(※1)渡辺(わたのべ):「渡辺」または「渡部」と書く。摂津の国西成郡にあっ

    た地名で難波江の渡り口の地。

(※2)登蓮法師:生没年未詳。治承2年(1178)頃には生存、出自未詳。歌林苑

    会衆。家集『登蓮法師集』。『詞花集』以下の勅撰集に19首入集。『千載和

    歌集』4首、『新古今和歌集』1首入集。

(※3)数寄者(すきもの):風雅な人。この場合は和歌を好む人。

(※4)ます鏡:真澄の鏡の略で少しの曇りもなく澄んでいる鏡のこと。

(※5)十寸の鏡:現存伝本の万葉集には見られない。

(※6)真麻:イラクサ科の多年草の苧(からむし)。茎の繊維は織物の材料になる。

(※7)源俊頼朝臣の歌:堀川百首の「薄」の題で源俊頼が「花すすき まそほの糸を

    繰りかけて 絶えずも人をまねきつるかな」。 

(※8)蘇芳(すおう):紫がかった濃い紅色。

 

参考文献: 『無名抄 現代語訳付き』久保田淳 訳注 角川文庫

 

   

新古今の景色(58)院政期(33)歌林苑(23)前大僧正覚忠(3)

摂関家の次男に産まれ、端からも羨まれる僧階のトップに登り詰めながら、生母の身分故に置かれた前大僧正覚忠の立場を推量しつつ、改めて「西国巡礼(西国三十三所の観音巡礼)」の事始めとされる下記の歌を読むと、漂泊と祈りに込めた作者の思いが伝わってくるような気がする。

 

        『千載和歌集』 巻第十九 釈教歌

   三十三所観音拝(をが)みたてまつらんとて所々にまいり侍りける時、

   美濃の谷汲(たにくみ)にて油の出づるを見てよみ侍りける

 1211 世を照らす仏のしるしありければ まだともし火も消えぬなりけり

     【世を照らすみ仏の霊験があったので、いまでも灯火は消えずに

      輝いているのだなあ】

 

ところで、前大僧正覚忠の歌の実績に目を転じると、『千載和歌集』初出で9首入集、『新古今和歌集』には1首入集となっており、ここで『千載和歌集』から3首、『新古今和歌集』から1首を採り上げてみたい。

 

        『千載和歌集』 巻第二 春歌下

     海路ノ三月尽といへる心をよめる

133 をしめどもかひもなぎさに春暮れて 波とともにぞたちわかれぬる

    【春の暮れにこの渚で春を惜しんでも甲斐のないことだよ。春は波と共に

     立ち別れていったよ】

 

           同    巻第四 秋歌上 

273 ときはなる青葉の山も秋くれば 色こそかへねさびしかりけり

    【常緑の青葉山も、秋がやってくると、まだ色こそかわらぬものの、

     流石に寂寥の景色に変化することだ】

 

           同    巻第五 秋歌下

      山寺ノ秋ノ暮といへる心をよみ侍ける

382 さらぬだに心ぼそきを山里の鐘さへ秋の暮をつくなり

    【そうでなくてさえ心細くしているのに、ここ山里で聞く寺の鐘までが

     秋の暮を告げていることだ】

  

       『新古今和歌集』 巻第六 冬 歌

571 神無月 木々の木の葉は 散りはてて 庭にぞ風の 音はきこゆる

    【十月ともなれば、木々の葉はすっかり散りはてて、梢ではなく、庭の

     落ち葉を吹く風の音が聞こえるよ】

 

 

参考文献:『新日本古典文学大系10 千載和歌集』 

        片野達郎・松野陽一 校注 岩波書店刊行

 

     『新潮日本古典集成 新古今和歌集』久保田淳 校注 新潮出版

 

 

新古今の景色(57)院政期(32)歌林苑(22)前大僧正覚忠(2)生母の身分

地下の僧俗の多い歌林苑会衆の僧は殆ど遁世聖で、何故僧階のトップを登り詰めた前僧正覚忠が参加していたのか、好奇心から少し掘り下げてみる事にした。

 

千載和歌集』巻末の人名索引での覚忠についての記載は、

俗姓藤原、元永元年(1118)生、治承元年(1177)没、60才。法性寺関白忠通男。大僧正天台座主三井寺長吏、嘉応元年(1169)には三井寺で歌合を主唱しているとある。

さらに付け加えるなら、法性寺関白忠通男の息子達には四男基実・五男基房・六男兼実・十一男慈円らがいて、覚忠は次男だから彼らの兄にあたる。

 

政界のトップに君臨した錚々たる弟達と比較して、名目は摂家の次男でありながら仏教界に生きる事を余儀なくされた覚忠、この分岐点は何なのか、ここで、生母の身分と子供の身分の相関関係を知るために、ウィキペディアの「藤原忠通」の系譜を基に次のように整理してみた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%8E%9F%E5%BF%A0%E9%80%9A

 

正室:藤原宗子藤原宗通:正二位大納言の娘)。長女:藤原聖子は崇徳天皇中宮で後

   の皇嘉門院。三男:不明。

妻①:源信子(源国信:正二位権中納言の娘)、従二位・典侍。四男:近衛基実(近衛

   家始祖)

妻②:源俊子( 源国信:正二位権中納言の娘)。五男:松殿基房(松殿家始祖)。九

   男:信円(興福寺第44代別当)。

妻③:源俊子(源顕俊の娘)。次女:藤原育子は 二条天皇中宮

妻④:家女房加賀局(藤原仲光の娘)。六男:九条兼実九条家始祖)。十一男:

   慈円(第62世、65世、69世、71世天台座主

妻⑤:藤原基信の娘。長男:恵信、後に覚継(興福寺別当)。

妻⑥:家女房五条(源盛経の娘)。七男:尊忠。

生母不明の子女:次男:覚忠(第50世天台座主三井寺長吏・大僧正)。

※因みに妻①と妻②は姉妹。

 

こうして系譜を眺めると、摂関家の次男として生まれ、祖父の摂政関白藤原忠実や父の権力を背景に僧階のトップに登り詰めたとは言え、一家の中での兄弟間の格差がもたらす屈折感を思うと、前大僧正とはいえ覚忠が歌林苑の歌合に参加して心置きなく和歌や仲間との交流に興じたのも宜なるかなと思える。