新古今の景色(35)院政期(10)源頼政(10)歌筵映えの人・恋歌の名手

鴨長明歌人としての源三位頼政藤原俊成と彼の師・俊恵が高く評価していることを『無名抄』に記しているが、まずは『千載和歌集』で頼政の歌を14首採用した藤原俊成頼政評を採りあげたい。

 

「55 俊成入道の物語

 

【五条三位入道(藤原俊成)が申されることには、

今の世では、頼政こそ、頭抜けた歌の上手と云える。頼政さえ歌合の座に連なっておれば、衆目は自ずと彼に注がれ、『あー、また、彼にしてやられたなー』と思わせられるのである】

 

続いて歌林苑の主唱者で頼政と長い付き合いのある俊恵の頼政評を採り上げたい。

 

「56 頼政歌道に好けること

 

【俊恵が申しますには、

頼政卿は人並み外れた歌詠みの名人です。かれは、心の奥深く歌の心を持ち、どんな時でも歌を詠む心を忘れず、鳥が一声鳴き、風のそよと吹く音に、ましてや、花の散り、葉の落ち、月の出入りや、雨・雪などが振るにつけても、立ち居起き臥しも、常に歌の風情をめぐらさないという事はない。この姿こそ真に優れた歌が生まれる道理と思われます。

そうであれば、しかるべき時に名を挙げた歌などの多くは、前もって同じ歌題で幾つもの歌を詠んでおられたとか。

ほとんどの歌合の席に連なって歌を詠み、歌の良し悪しのことわりを述べる姿からも、歌を深く心に入れておられることがしのばれて素晴らしく、頼政卿が座に連なればどのような歌会も盛り上がりを見せるようです】

 

少し本筋から外れるが、宇多源氏の高貴な血を引く俊恵と、清和源氏の棟梁たる源頼政は、単に歌林苑の同志というだけではなく、平家全盛の時代に生きざるを得ない源氏の無常感を共有していたのではないかと私は思っている。

 

が、それはそれとして、藤原俊成が「頼政さえ歌合の座に連なっておれば、衆目は自ずと彼に注がれ」と言挙げし、俊恵が「頼政卿が座に連なればどのような歌会も盛り上がりを見せるようです」と強調した点は興味深い。

 

まさに頼政こそ、「歌筵映え」のする歌人であった。であればこそ多くの歌会から声がかかる歌人でもあったのだ。

https://k-sako.hatenadiary.jp/entry/2020/04/15/205206

 

ところで『花にもの思う春~白洲正子新古今集』で著者は『千載和歌集』に採られた次の2首を例に挙げ、共に題詠歌であるが、頼政のこれらの恋歌にはまだ王朝の気分が漂っているように思うと指摘している。

 

   題しらず    (千載和歌集663)

 

【思へどもいはで忍ぶのすり衣 心の中にみだれぬるかな】

【現代語訳:恋しく思っても、言わずに堪え忍んでいる。その「しのぶ」の摺り衣の模

様みたいに、心の中では思い乱れているのだ】

 

   後朝(きぬぎぬ)の恋の心をよめる    (千載和歌集805)

 

【人はいさ飽(あ)かぬ夜床(よどこ)にとどめつる 我が心こそ我を待つらめ】

【現代語訳:あなたが私を待ってくれているかどうか、さあそれは知らない。ともあれ、満足できずに去らなければならなかった夜の床に、私は自分の心を残して来てしまった。その心は私を待っているだろう。だからまた必ず逢いに行きますよ】

 

何と妖しく艶めかしい歌であろうか!!

 

著者は、さらに、家集『源三位頼政集』を見ると愛人との贈答歌が圧倒的に多く、頼政は老人になっても激しい恋をしたらしい、とも、述べている。

 

源三位頼政は存在感のある「歌筵映えの人」であったばかりではなく、手練れの「恋歌の名手」でもあったのだ。

 

参考文献: 『無名抄 現代語訳付き』久保田淳 訳注 角川文庫

 

     『『花にもの思う春~白洲正子新古今集』』白洲正子 平凡社

新古今の景色(34)院政期(9)源頼政(9)平家物語(2)源平辞世の句

平家物語』第三十八句「頼政最後」は頼政の死の場面を次のように述べている。

 

〔宮(以仁王)を南都へ先発させ申して三位入道(頼政)以下は平等院の外に留まって敵を近づけぬように矢を射るものの、三位入道、八十歳になって戦をして右の膝口を射られて「もはや最後」と思い「自害せん」と平等院の門の内に退く。

  (略)

三位入道は平等院の釣殿にて従者の渡辺長七唱(となう)を召して、「我が首とれ」と命令すれば、従者は涙を流して「御首、このままでは頂戴できません。せめてご自害なされたならば」と申せば、入道は「げにも」と、鎧を脱ぎ置き、声高に念仏を唱え、最後の言こそあわれなれ。

 

【むもれ木のはなさくこともなかりしに みのなるはてぞかなしかりける】

[現代語:埋もれた木にも似た我が生涯に花咲くような思い出もなかったが、こうして身のなる果てはかなしいことだ]

 

と、この歌を最後にして、太刀の切っ先を腹に突き立て、倒れかかり、背後まで太刀を貫ききって命を終えられた。

 

従者の渡辺長七は泣く泣く三位入道の首を掻き落として直垂の袖に包み、敵陣を逃れて「誰にも見せまい」と石にくくりつけて宇治川の深いところに沈めけり〕

 

これに対して、源平合戦の末に源氏に追い詰められた平家の総大将平知盛の入水場面を『平家物語』第百五区「早鞆」は次のように述べている。

 

〔新中納言知盛は、伊勢平氏の伊賀の平左衛門家長を召して【もはや見るべきものは見た、今はこれまで】と、鎧二領身につけて、手を取り組み、海にぞ入りける〕

 

この知盛入水の場は歌舞伎でも最も見所のある場面の一つ挙げられ、私事で恐縮だが、私の大好きな仁左衛門の舞台では、髻を切ってざんばら髪の知盛が、華麗な衣装に身を包み、重い碇を両手に高く掲げて、思い切り地を蹴って後ろ向きに壇ノ浦の海に飛び込む。

 

追い詰められて死に直面しての、頼政の【むもれ木のはなさくこともなかりしに みのなるはてぞかなしかりける】と、知盛の【もはや見るべきものは見た、今はこれまで】の言葉の間には大きな開きがある。

 

頼政のそれには、実ることのなかった生涯への「無念」さが、知盛のそれには、権力を思いのままに行使し、かつ、栄華を極めた者の「達観」が。

 

参考文献:『新潮日本古典集成 平家物語 上』水原 一 校注 新潮社版

 

 

新古今の景色(33)院政期(8)源頼政(8)平家物語(1)昇殿の歌・三位の歌

私の一方的な見方かもしれないが「平家物語」には源頼政について語る部分が多いように思われる。何故だろう。語り継ぐ琵琶法師達の中に頼政に感情移入した者が少なからずいたからではないか。

 

源頼政(1104年~1180年)は、武将としては破格の三位(さんみ:公卿)に上り詰め、その後に出家して家督を嫡男に譲り、通常ならば楽隠居を決め込んでも良い年齢であるにも拘わらず、治承4年(1180)に77歳にして以仁王を奉じて平家討伐の兵を挙げて宇治平等院で敗死するも、彼が諸国の源氏に呼びかけた「以仁王の令旨」は源平合戦の引き金となり平家滅亡に結実した。

 

他方で彼は、重代の京武士歌人としての家を引き継ぎ、『詞花和歌集』以下の勅撰集に61首入集した歌人であったことも、華のある武人としての人間性が愛されたのであろうか。

 

そこで、「平家物語」を引用しながら、頼政人間性を浮き彫りにしてみたい。

 

平家物語』第四十句「鵺」は、

「そもそも、この頼政と申すは」で始まり、

頼政が摂津守頼光から5代の後胤三河守頼綱の孫、兵庫守仲政の子であると続く。

 

頼政は、保元の乱では後白河天皇方についていち早く戦場にかけつけたものの期待したほどの勲功に与らず、さらに、平治の乱では後白河法皇の寵愛する藤原信頼側に属する同族の義朝を見切って二条天皇側に付き、平清盛が指揮を執る官軍側に加わったものの、清盛一族が目映いばかりの勲功を与えられたのに対して頼政はわずかな恩賞に甘んじるほかはなかった。

 

それ以後の頼政は、頼光以来源氏重代の職としての大内裏の宿直警固の役を担って長年仕えたものの、昇殿を許されないために地下人(殿上人に対して)に甘んじたまま老齢に到る中で、述懐の和歌一首を詠んで昇殿を許されたと伝えられる。

【人知れず大内山のやまもりは 木(こ)がくれてのみ月を見るかな】

(現代語訳:大内山の山番である私は、誰にも知られずひっそりと木の間越しにばかり

      月を仰いでおります)

 

頼政はその後も四位(しい)の身分でしばらく仕えていたが、常に三位への加階に望みをかけつつ

  【のぼるべきたよりなき身は木(こ)のもとに しゐをひろひて世をわたるか

   な】 

  (現代語訳:よじのぼるべき手づるもない私は しかたなく木の根元で椎の実を拾

        って世をすごしております)

と詠じて治承2年(1178)念願の従三位に昇叙したと伝えられる。

 

頼政がその翌年に出家をして家督を嫡男の仲綱に譲って宇治平等院で敗死したのは77歳の時であった。

 

ところで、頼政従三位昇叙は破格の扱いであったようで、九条兼実は『玉葉』に「第一之珍事也」と記している。これは、頼政を信頼していた清盛が長年の忠義に報いて推挙した結果であるが、如何せん、この時の頼政は74歳に達していた。

 

参考文献:『新潮日本古典集成 平家物語 上』水原 一 校注 新潮社版

 

新古今の景色(32)院政期(7)源頼政(7)内昇殿も喜び半ば

源頼政は自らの出世・昇進についての心情を極めて率直に詠む人らしく家集『頼政集』から幾つか採りあげてみたい。

 

先ずは、仁安2年(1167)に正五位下から従四位下に加階昇進したときの喜びを、

 

正下の加階して侍りし時 右馬権頭隆信(※1)がもとよりよろこびいひつかはすとて、

和歌の浦に立のぼるなる波の音は こさるる身にも嬉しとぞ聞〕

 

返し

〔いかにして立のぼるらんこゆべしと 思ひもよらぬ わかの浦波〕

 

さらに2ヶ月後に六条天皇より渇望していた内昇殿を許された時の喜びを、

 

かくてのみ過る程世はかはりて、当今(とうぎん)の御とき殿上ゆるされて これかれより悦の歌よみて遣はす

〔まことにや こがくれたりし山もりの いまはたちいでて 月をみるなり〕

 

しかし、60歳を過ぎて手にした加階・内昇殿も、平氏一族と比較するにつけ、喜びも次第に薄れほろ苦さが加わるりその心情を

 

歌林苑(※1)の会衆の藤原資隆からの祝い歌

〔位山のぼるにかねてしかるべき 雲の上までゆかんものとは〕

 

頼政の返し

〔翁(おきな)さび はふはふのぼる位山 雲踏むほどにいかがなるらん〕

 

中宮の大盤所よりの祝い歌

〔くらい山高くなりぬと見し程に やがて雲居にのぼるうれしさ〕

 

頼政の返し

〔のぼりにし位の山も雲の上も 年の高さにあわずとぞ思う〕

 

位階・昇殿したとはいえ、周囲を比べればいかに自分のそれが遅れているかを思うと喜びも半ばであろうが、こうして昇進を喜んでくれる人たちがいるということに頼政の人望が偲ばれる。

 

(※1)隆信:藤原隆信(1142~1205)平安時代末期から鎌倉時代初期の歌人として知られ、頼政とは歌林苑の仲間でもあった。また当代一の似絵(にせえ、肖像画)の名手として重用され、国宝「伝源頼朝像」(神護寺蔵)ならびに知恩院蔵の「隆信の御影」とよばれる法然上人像を残している。藤原定家とは異父兄にあたる。

 

(※2)歌林苑:源俊頼の息子で東大寺の僧の俊恵(1113~?)が平安末期に白川の僧坊で主唱した歌人集団。民間の和歌所として〔和歌政所〕とも呼ばれたこともあった。1156年頃から20年間に亘り、源頼政藤原隆信・賀茂重保・寂蓮・藤原清輔・鴨長明・小侍従・二条院讃岐・殷富門院大輔など地下の僧俗が集まり、メンバーを会衆(えしゅう)と称した。毎月例会の歌会の他に、会衆の送別の会や、柿本人麻呂の絵を飾って〔人麻呂影供〕など臨時の歌会をしばしば催した。

 

参考文献:『人物叢書 源頼政』多賀宗隼 日本歴史学会編集 吉川弘文館

 

新古今の景色(31)院政期(6)源頼政(6)内昇殿への渇望

源頼政白河院政が開始されて19年目に当たる長治元年(1104)に仲政を父として誕生したが、参議以上の官、あるいは従三位以上の位階の補任を記した『公卿補任』によると、頼政の官僚としての経歴は白河院の時代に六位の判官代からスタートし、崇徳天皇時代の保延2年(1136)には蔵人に補されて従五位下に叙され、それ以降は保元の乱(1156)までは鳥羽院政下の官僚を務めた。

 

そして、頼政保元の乱を迎えたときには頭に白いものを頂く53歳に達しており、他方で彼よりも14歳若い平清盛は保元・平治の乱で勲功を立てて鳥羽院から取立てられ、さらに微妙な情勢下に上手く立ち回って二条天皇の後ろ楯となったことで、六条天皇即位の翌年の仁安元年(1166)には内大臣、その翌年には太政大臣に昇り、時は「平氏にあらずんば人にあらず」の時代に突入していた。

 

清盛から厚い信頼を得ていたとは言え頼政の処遇は清盛が内大臣に叙された仁安元年は正五位下に、翌年に清盛が太政大臣に昇った時は従四位下に叙されただけで、後白河院への昇殿は許されるも、大内(内裏)は警護を任されただけで内昇殿(※1)は許されず、自分より遙かに若い平家の公達が我が物顔で殿上を行き来する姿を眺めながら忸怩たる思いで務めをはたしていたようだ。

 

次に頼政の当時の心情を詠んだ歌を採りあげてみた。

 

いまだ殿上を許されぬる事をなげき侍りしに、二条院の御時(二条天皇の時)3月10比(日)に行幸なりて南殿(なでん)の桜さかりなりけるを一枝おらせて、

去年(こぞ)と今年といかがあると仰せ下さりて侍りしかば、枝にむすびつけてまいらせ侍ける。 

〔よそにのみ思ふ雲井(※2)の花なれば 面影ならで見えばこそあらめ〕

 

かへし   丹波内侍 

〔さのみやはおも影ならでみえざらむ 雲井の花に心とどめば〕

 

次は『新後撰集』に採られた贈答歌

 

いまだ殿上ゆるされざりける時、雪のふりける日清涼殿にさしおかせ侍りける 

〔いかなれば雲の上にはちりながら 庭にのみふる雪をみるらむ〕 

 

かへし   よみ人しらず 

〔心ざしふかくも庭につもりなば などか雲ゐの雪もみざらむ〕

 

(※1)内昇殿(ないしょうでん):うちのしょうでん。清涼殿の殿上(でんじょう)の間に出仕すること。

 

(※2)雲井(くもい):雲位。宮中。皇居、内裏。

 

参考文献:『人物叢書 源頼政』多賀宗隼 日本歴史学会編集 吉川弘文館

 

 

新古今の景色(30)院政期(5)源頼政(5)歌合

源頼政は大小取り混ぜて様々な歌合に積極的に参加して歌人としての名を広めたとされるが、主なものは前回述べた寂然の父・藤原為忠が催した歌合を初め下記のようになる。

 

1 丹後守為忠朝臣家百首

2 木工権頭為忠朝臣家百首

3 右衛門督家歌合 久安5年6月

4 中宮亮重家朝臣家歌合 永万2年

5 太皇太后宮亮平経盛朝臣家歌合 仁安2年8月

6 住吉社歌合 嘉応2年10月9日

7 建春門院北面歌合 嘉応2年10月

8 右大臣家歌合 治承3年10月

 

ここでは、頼政後白河天皇の第三皇子以仁王を奉じて平家討伐の兵を挙げて77歳で敗死する前年の治承3年(1179)に、息子の仲綱とともに連なった「右大臣家歌合」を採りあげてみたい。

 

この歌合は当時の右大臣九条兼実の邸で催されたもので、兼実は自らの日記『玉葉』の治承3年10月18日付で「此日密々歌合也」と記している。

 

上記によると、この歌合は作者20名が各題10首ずつ計200首詠んだ歌のなかから秀逸60首を選んで番えた「撰歌合」の形で行われたもので、撰者の藤原俊成は出家の身でかつ撰者であったことから、撰歌や結審の場には列せず後日の判審であった。

因みにこの時の兼実は38歳で女房の名で詠じ、撰者の藤原俊成は66歳であった。

 

以下にこの歌合の概要と源頼政と息子仲綱が関わった歌と勝敗を抜粋した(判詞は省略)。

 

【題】 霞 花 子規 月 紅葉 雪 祝 戀 旅 述懐

 

歌人

 左方:女房(兼実公) 皇太后宮大夫入道(俊成) 季經朝臣 隆信朝臣 行頼朝臣

    師光 良清 俊恵 寂蓮 別當局皇嘉門院女房

 右方:大貮入道 源三位頼政 經家朝臣 基輔朝臣 資隆朝臣 仲綱 資忠 顕昭 

    道因 丹後右府女房

【判者】皇太后宮大夫入道釋阿(藤原俊成

 

≪2番≫  左勝

 左 女房(兼実公) 〔霞しく春の潮路(しほじ)を見わたせば

            みどりを分(わく)る沖(おき)つ白波(しらなみ)〕

 右 源三位頼政   〔あづま路(ぢ)を朝たちゆけば葛飾(かつしか)や

            眞間(まま)の繼橋霞(かすみ)わたれり〕 

 

≪11番≫  右勝

 左 俊恵法師    〔てる月の澄(す)むべき夜半になりぬれば 

            雲も心はありけるものを〕

 右 源三位頼政   〔遠方(をちかた)や朝妻(あさつま)山に照(て)る月の

            光(ひかり)を寄(よ)する滋賀の裏波(うらなみ)〕

 

≪19番≫  右勝

 左 季經朝臣    〔君が代をいかに數(かぞ)へむ世中に

            數に足(た)るべきものしなければ〕

 右 源三位頼政   〔住吉(すみよし)の神もしるらめ寄(よ)る浪の

            數かぎりなき君が御代をば〕

≪24番≫  右勝 

 左 隆信朝臣    〔旅寝(ね)する室(むろ)の刈(かり)田のかり枕

            鴫(しぎ)もたつめりあけぬこの夜は〕 

 右 源三位頼政   〔宮古(みやこ)へは今(いま)もことづけやるべきに

            宇津(うつ)の山べに逢(あふ)事ぞなき〕

 

≪3番≫  持(引分)

 左 寂蓮      〔たちかへり来(く)る年なみや越(こ)えぬらん

            霞かかれる末(すえ)の松(まつ)山〕

 右 仲綱      〔満(み)つ潮(しほ)にかくれぬ沖の離(はな)れ石

            霞(かすみ)にしづむ春のあけぼの〕

 

≪27番 ≫  左勝

 左 女房(兼実)  〔日を經(へ)つつ都しのぶの浦(うら)さびて

            浪よりほかの音づれもなし〕

 右 仲綱      〔宮城野の木(こ)の下(した)露を打(うち)はらひ

            小萩かた敷(し)きあかしつるかな〕

 

≪30番≫  持(引分)

 左 女房(兼実)  〔寝(ね)ざめして思(おも)ひつらぬる身の憂さの

            數にとふとや鴫(しぎ)の羽(はね)がき〕

 右 仲綱      〔ふけにけるわがよのほどは元結(もとゆひ)の

            霜を見てこそおどろかれけれ〕

 

【主だった作者の勝敗結果】

 

左方 女房(兼実)勝3持2 隆信朝臣 勝1持2 俊恵 勝1持1負3

   寂蓮 持1勝2 皇太后宮入道(俊成)勝1持5 

右方 源三位頼政 勝2負2 仲綱 持2負1 顕昭 勝1負3 道因 持3負1

 

参考文献:『人物叢書 源頼政』多賀宗隼 日本歴史学会編集 吉川弘文館

     『日本古典文學大系74 歌合集』谷山茂 萩谷朴 校注 岩波書店刊行

 

新古今の景色(29)院政期(4)源頼政(4)父・仲政(2)父子相和す!

次の歌は寂然法師(※1)と源頼政の父・仲政との間に交わされた贈答歌である。

 

父なくなりて後、常盤の里に侍りける比、やよひばかりに源仲正(仲政)が許に遣しける

寂念法師

〔春までもとはれざりける山里を 花さきなばと何思ひけむ〕

 

返し                    仲政

〔もろともに見し人もなき山里の 花さへかくてとはぬとをしれ〕

 

仲政に歌を贈った寂念は、鳥羽院のめのと子(※2)であり、和歌を熱愛するあまり紀貫之の職ならばと木工権頭を願って任じられた藤原為忠の息子であった。共に鳥羽院の厚い信を受けていた仲政と為忠は歌を通して強く結びつき、今日、最も多く仲政の歌を留めるものとして『丹後守為忠朝臣百首』と『木工権頭為忠朝臣家百首』が挙げられ、為忠が常盤山荘で催した歌合には仲政が頼政を伴って参加しており、ここではその時の父子の歌を採り上げてみた。

 

沼水杜若(かきつばた)  仲政

〔人すまぬあら野の沼をたが為と かこひてさけるかきつばたかも〕

 

杜若   頼政

〔さらぬだに行かたもなき沼水の めぐりにたてるかきつばたかな〕

 

滝下欵冬(やまぶき)  仲政

〔おちかかるたきつぼにさくやまぶきは 口(不明)なしひたす心地こそすれ〕

 

同    頼政

〔滝のいとにぬきとめられず散る玉を うくる袖かと見ゆるやまぶき〕

 

次の頼政の一句は『千載和歌集に』採られている。

 

夏月   頼政

〔庭の面はまだかはかぬに夕立の 空さりげなく澄める月かな〕

 

雨後月   仲政

〔しぐれつる雲のぬれぎぬぬぎすてて 心清くも澄める月かな〕

 

歌で「父子相和す」なんともうるわしい姿ではないか。

 

(※1)寂念(じゃくねん)平安時代後期の歌人、生没年未詳。俗名は藤原為業(ためなり)。弟の寂超・寂然と共に「大原の三寂」あるいは「常磐三寂」と称された。また、弟の寂超の出家前の妻は後に藤原俊成と再婚し定家の母となった美福門院加賀。『千載和歌集』以下の勅撰集に6首入集。

 

(※2)めのと子:乳母子。乳母の子 

 

参考文献:『人物叢書 源頼政』多賀宗隼 日本歴史学会編集 吉川弘文館