新古今の景色(81)院政期(56)歌林苑(46)惟宗広言 和歌~今様(2)後白河院の愛弟子へ

【広時(広言の誤記)、『(後白河院の)御歌も聞かぬ田舎より上りたるが、かく露違わぬ事の、ものの筋あわれなること(驚嘆すべき筋合いのことがら)』]とて、流涕するを(涙を流すのを)、人々これを笑ひながら、皆、涙を落とす。】

 

上記は、自ら今様狂いを公言する後白河院が著わした『梁塵秘抄口伝集 巻第十』で、院御所の法住寺殿(現在の三十三間堂付近)の広御所に今様の名手を集めた「今様の会」で、惟宗広言(ひろとき)が田舎者の自分がこんなに晴れがましい場に招かれてと感涙を流す姿を記したものである。

 

さらに後白河院の筆は進んで、惟宗広言が今様の歌い手として有望な素質を持つだけでなく、自分の弟子であると次のように公言している。

 

【中頃(今と昔の中間頃)、広言・康頼(※1)こそ、具してうたう者にあれ。これら(広言・康頼)は旧(もと)より歌うたひ、知りたる歌も多かりしかど、旨ところにて(大事なところ)、いとしもなきつしやうの(格別のこともない)節などありしかば、具してうたふに聞き取りて直すもあり(広言・康頼が後白河院の歌を聞いて会得し、自身の欠点を直すこともあり)、また、(後白河院が)教ふる歌もあれば大様はわが様にありて、みな我が違わぬ弟子どもと思ひ合ひたれど、違へる事も多かり。・・・・・広時(広言の誤記)は声色あしからず、うたひ誤ちせず。節は達者に似する所あり。心敏く聞きとることもありて、いかさまにも上手にてこそ・・】

 

私の勝手な思い込みで意訳しすぎると後白河院の言わんとするニュアンスからかけ離れるのおそれがあるので、中途半端な引用になってしまった事をお許し願いたい。

 

先回では歌人としての評価の高かった崇徳院時代における惟宗広言の歌人の側面を採り上げたが、今回は、今様の名手の後白河院の時代に、惟宗広言が今様の歌い手として後白河院から評価されただけでなく、自らの筆で愛弟子であると公言される存在になっていたかに焦点を当てた。

 

以下は私の推測だが、代々大宰府府官の家柄の惟宗広言が、後白河院の面識を得たのは、院の近臣であった吉田経房(※2)が大宰権帥だった頃の文治2年(1186)に催した「吉田経房家歌合」に広言が出詠したことが端緒だったのでは、と。

 

ところで文治2年に催された「吉田経房家歌合」には、六条藤家の中心歌人藤原経家や御子左家を担う藤原定家の他に、中原清重、大江公景など後白河院近臣の諸太夫(五位の下級貴族)や地下人出身者などが参加していた事で、俊恵の「歌林苑」に共通する新古今歌壇への過渡期の歌合であった事が注目される。

 

それにしても権力者がめまぐるしく変わる乱世において、芸術と芸能に自らの才能を磨き上げて、75歳の人生を生き抜いたと伝えられる惟宗広言の身の振り方は見事と云う他はない。

 

(※1)康頼:平康頼。検非違使左衛門尉。鹿ヶ谷の陰謀連座して鬼界ヶ島に流され、入道した。帰洛後『宝物集』を撰した。

 

(※2)吉田経房(よしだ つねふさ):康治2年(1143)生、正治2年(1200)没、享年58歳。平安時代後期から鎌倉時代初期にかけての公卿。藤原北家勧修寺流、権右中弁・藤原光房の子。正二位権大納言。文治2年(1186年)「経房家歌合」、建久6年(1195年)「民部卿家歌合」主催。日記『吉記(きちき/きっき)』を著わす。『千載和歌集』初出、4首入集。

 

参考文献:『新潮日本古典集成 梁塵秘抄』榎 克朗 校注 新潮社版

新古今の景色(80)院政期(55)歌林苑(45)惟宗広言 和歌~今様(1)歌人

惟宗広言(これむねひろとき)は代々大宰府府官の日向守基言の子として生まれ、生没年未詳だが承元2年(1208)に75才で没したとされる。大宰少監を経て文治二年(1186)に五位筑後守。

 

広言は、崇徳院の近臣で保元の乱後に配流された藤原教長(※)、歌林苑、賀茂社関係歌合など幅広い歌人達と親交を深め、承安2年(1172) には、歌林苑の仲間の道因(藤原敦頼)の勧進により、道因自ら撰歌・結番して藤原俊成が加判した歌合を摂津広田社に奉納した「広田社歌合」で58名の作者のうちの一人として出詠している。

 

その他には、治承2年(1178)『別雷社歌合』、文治2年(1186)『大宰権帥吉田経房主催歌合』などに出詠し、文治3年(1187)『貴船社歌合』の出詠が最終事跡とされている。私撰集『言葉集』を編纂。家集『惟宗広言集』。『千載和歌集』初出、5首入集。

 

ここでは、惟宗広言の『千載和歌集』入集歌から以下の4首を引用した。

 

         『千載和歌集』 巻第二 春歌下

       山吹をよめる

116 いかなれば春を重ねて見つれども 八重にのみさく山ぶきのはな

    【年毎に春を重ねて見るけれども、どうして山吹の花は八重にばかり

     咲くのだろうか】

 

         『千載和歌集』 巻第五 秋歌下

323 さびしさをなににたとへんを鹿(じか)なく 山のさとのあけがたの空

    【さびしさは何にたとえよう。牡鹿の鳴くこの深山の里の明け方の

     空の情景よ】

 

         『千載和歌集』 巻第六 冬歌

       歳暮ノ述懐といへる心をよめる   惟宗広言

472 数ならぬ身にはつもらぬ年ならば けふのくれをもなげかざらまし

    【ものの数ではない身にはつもらぬ年であるならば、今日という年の終りの

     日をも歎かないであろうに】

  

        『千載和歌集』 巻第十五 恋歌五

934 はかなくぞのちの世までと契りける まだきにだにも変(かは)る心を

    【頼りなくも来世までと契ったことだよ、こんなに早くあの人は心変わり

     するものを】

 

(※)藤原教長(のりなが):

https://k-sako.hatenadiary.jp/entry/2021/04/21/172651

 天仁2年(1109)に師実流大納言忠教と大納言源俊明の娘との間に生まれ、参議左京大夫正三位に昇りつめたが、崇徳院の近臣であった事から保元の乱後に出家したものの捕らえられて常陸へ配流、応保2年(1162)召還され、治承4年(1180)頃没したとされる。法名観蓮。治承2年(1178)『別雷社歌合』出詠。家集『貧道集』。『才葉集』、注釈書『古今和歌集註』を著わす。『詞華集』初出、『千載和歌集』10首入集、『新古今和歌集』1首入集。

  

参考文献:『新日本古典文学大系10 千載和歌集』 

       片野達郎 松野陽一 校注 岩波書店刊行

 

 

 

 

新古今の景色(79)院政期(54)歌林苑(44)祝部成仲~乱世の93歳

祝部成仲(はふりべのなりなか)は、日吉禰宜成美の息子として康和元年(1099)に生まれ、建久2年(1191)に93才で没している。日吉禰宜総官、正四位上大舎人頭。歌人としては家集『祝部成仲集』を著わし、勅撰集では『詞華集』初出、『千載和歌集』7首入集、『新古今和歌集』5首入集している。

 

ところで、私が大いに注目するのは、武者台頭の動乱期に祝部成仲が93歳の長寿を全うしたことであり、祝部成仲が生きた時代を探る手がかりとして『新古今和歌集』入集歌から次の歌を引用した。      

 

                                    『新古今和歌集』 巻第17 雑歌中

      教長卿(※)名所の歌よませ侍りけるに  

1607 うち寄する波の声にてしるきかな 吹上の浜の秋の初風

     【うちよせる波の音ではっきりわかるかな 吹上の浜に秋の初風が

      吹いているのだ】

 

この歌は、成仲が藤原教長の要望に応じて読んだものであるが、教長については既に(https://k-sako.hatenadiary.jp/entry/2021/04/21/172651)で述べたように、師実流大納言忠教と大納言源俊明の娘との間に生まれ、参議左京大夫正三位に昇りつめながら、崇徳院の近臣であった事から保元の乱後に出家したものの捕らえられて常陸へ配流された。

 

つまり、祝部成仲が生きた時代は、天台座主慈円が『愚管抄』に「保元元年(1156)7月3日、鳥羽院ウセサセ給テ後、日本国ノ乱逆ト云コトハオコリテ後、ムサノ世ニナリニケルナリ」と記したように、保元の乱を挟んだ乱世の時代であった。

 

そして、特筆すべきは、そのような時代の中で、成仲が、歌林苑で親交を結んだ俊恵、賀茂重保と文治4年(1188)に九十賀を催している事である。この時、永久元年(1113)生まれの俊恵は76歳、元永2年(1119)生まれの賀茂重保は70歳(当時は数え年)。

 

動乱の時代に93歳の長寿を全うするとはどのような人生だったのか、祝部成仲の足跡を私は大いに識りたいと思うのだが、残念ながら日記や随筆が残されていないので、ここでは、『千載和歌集』と『新古今和歌集』の入集歌から彼の人生を偲んでみたい。

 

          『千載和歌集』 巻第一 春歌上 祝部宿禰成仲

39  帰(かへ)る雁いく雲井とも知らねども心ばかりをたぐゑてぞやる

    【帰る雁がたどる路は、どれほど遠い雲路ともわからないが、わが心の

     思いだけを一緒に連れ添わせて遣ることだよ】

 

          『千載和歌集』 巻第十一 恋歌一

                          祝部宿禰成仲

690 君恋ふる涙しぐれと降りぬれば 信夫の山も色づきにけり

    【あなたを恋い慕う涙が時雨のように降りますので、信夫の山が

     紅葉するように 我が忍ぶ思いの袖も紅の涙で色づいてしまいましたよ】

 

          『千載和歌集』 巻第八 羈旅歌 

       夜逢坂(あふさか)の関を過ぐとてよめる  祝部成仲

522 逢坂(あふさか)の関には人もなかりけり いわ(は)まの水の

    もるにまかせて

    【夜の逢坂の関には(関を守る)人もいないことだよ、岩間の水の滴り

     洩る(守る)のにまかせて】

 

           『千載和歌集』 巻第十六 雑歌上

       和歌の浦をよみ侍りける

1051 ゆく年は浪とともにやかへるらん 面変(おもがわ)りせぬ和歌の浦かな

     【過ぎゆく年は浪とともに返るのだろうか、表情も変わらず若々しい、

      和歌の浦の景色であることだ】

 

           『新古今和歌集』 巻第二 春歌下

        花の歌よみ侍りけるに

115 散り散らず おぼつかなきは 春霞 たなびく山の さくらなりけり

   【散ったか散らないのかはっきりしないで気懸かりなのは、

    春霞がたなびいている山の桜だよ】      

 

参考文献:『新日本古典文学大系10 千載和歌集』 

       片野達郎 松野陽一 校注 岩波書店刊行

    『新潮日本古典集成 新古今和歌集』久保田淳 校注 新潮社

    『中世社会のはじまり』五味文彦著 岩波新書

新古今の景色(78)院政期(53)歌林苑(43)源通清~遁世した父の代詠

源通清は正四位下斎宮尞頭清雅の息子で保安4年(1123)に生まれで没年未詳。治承4年(1180)58才で五位蔵人に補され、従五位下。治承2年(1172)『広田社歌合』に出詠。『千載和歌集』初出、1首入集。

 

                   『千載和歌集』 巻第十七 雑歌中

           源清雅九月ばかり様(さま)変えて山寺に侍けるを、

                          人の問ひて侍けるを

          返事(かへりごと)せよと申侍りければ、よみてつかはしけるし

1148 思ひやれならはぬ山にすみぞめの 袖に露を(お)く秋のけしきを

     【想像してください。慣れない山寺に住み初めて、墨染めの袖に涙の

      露の置く秋の様子を】

 

この歌は父・清雅の出家を知って歌で問い合わせた知人への返歌を代詠せよとの父の要請に応えて詠ったもので、作者が父から遁世生活の心情を聞かされて詠んだのか、それとも、端からみた父の心情を推し量って詠ったのか、いずれにしても、世を捨てるのはそんなに簡単ではないことが窺える。

 

新古今の景色(77)院政期(52)歌林苑(42)賀茂政平~歌に願いを

神官の賀茂政平の生年は未詳、安元2年(1176)6月没。神主成平の息子。四品片岡社禰宜。承安2年(1172)の『広田社歌合』、及び正二位大納言藤原実国、壇ノ浦で敗死した平経盛、藤原重家がそれぞれ開催した歌合に参加。『詞華集』初出、『千載和歌集』5首入集。

 

以下に『千載和歌集』入集歌から昇進願いを込めた歌を含めて4首を引用した。

 

          『千載和歌集』 巻第三 夏歌

       卯花蔵ス宅ヲといへる心をよめる

143 卯の花のかきねとのみや思はまし しづのふせにやけぶりたたずは

    【卯の花の垣根だけがあると思ったことだろうか、庶民の粗末な家から

     煙が立ち昇らなかったら】

 

          『千載和歌集』 巻第五 秋歌下

322 つねよりも秋のゆふべをあはれとは 鹿のねやにて思ひそめけん

    【さびしさは何にたとえよう。牡鹿の鳴くこの深山の里の明け方の

     空の情景よ】

 

          『千載和歌集』 巻第十八 雑歌下

       九月十三夜によめる

1189 暮の秋ことにさやけき月かげは 十夜(とよ)に余りてみよとなりけり

     【暮秋の澄んで見える月のなかでも格別さやかな月の姿は、豊かに余って

      見よという十三夜の月であったよ。】

 

          『千載和歌集』 巻第二十 神祇歌

       片岡祝(はぶり)にて侍りけるを、同(おなじき)社の禰宜

       渡らんと申(まう)しけるころ、よみて書き付け侍ける

1271 さりともと頼みぞかくるゆふだすき 我(わが)片岡(かたをか)の

     神と思へば

        そののちなむ禰宜にまかりなりにける

     【いくらなんでも今度は叶えてくれるものと頼みをかけて、木綿襷を

      掛けることです。私の方を贔屓にしてくれる片岡の神と思うので】

 

     結果的にこの歌に込められた賀茂政平の願いは叶えられ「そののちなむ禰宜 

     にまかりなりにける」との詞書きが添えられている。

 

     歌合の出詠歌や天皇上皇を含めた上官と交わす贈答歌に「昇進願い」や

     「昇進が叶わない愚痴」を歌い込む事は珍しくなかったようだ。

新古今の景色(76)院政期(51)歌林苑(41)藤原盛方~平忠盛の歌才を受け継いだ孫

藤原盛方は保延3年(1137)に生まれ、治承2年(1178)に享年42才で没した。盛方のように生没年がはっきりしているのは身分の高い出自を物語っており、彼の父は中納言顕時、母は平忠盛(※)の娘。従四位下中宮大進、出羽守。仁安から治承(1166-78)頃に歌林苑や平氏系歌合に参加。治承2年(1172)『広田社歌合』出詠。『千載和歌集』初出、4首入集、『新古今和歌集』1首入集。

 

ところで、盛方の母方の祖父・平忠盛崇徳院が召した『久安百首』の給題当初に、藤原公行(三条公行)、藤原公能、源行宗、藤原教長藤原顕輔等と共に名を連ねる程の歌人であったが、その才能は息子の清盛ではなく外孫の盛方に受け継がれたようだ。

 

以下に藤原盛方の『千載和歌集』及び『新古今和歌集』の入集歌を引用したい。

 

           『千載和歌集』 巻第三 夏歌

222 岩間(いはま)よりを(お)ちくる滝のしら糸は むすばで見るも

    涼しかりけり

    【岩間から落ちてくる滝の白糸は手に掬わずに見ているだけでも

     涼しく感じることだ】

 

           『千載和歌集』 巻第四 秋歌上

    摂政前右大臣家に歌合し侍ける時、野ノ径ノ秋ノ夕といへる心をよめる

255 夕されば萱がしげみになきかわ(は)す 虫のねをさへわけつつぞゆく

    【夕方になって、萱の茂みのなかをゆくと、おびただしく鳴き交わす

     虫の音までも左右に分けて行く気がするよ】

 

           『千載和歌集』 巻第十二 恋歌二   藤原盛方朝臣         

778 そま川(がわ)の浅からずこそ契りしか などこの暮を引きたがふ覧(らん)

    【杣木を流す川のように深い約束であったのに、どうしてこの暮に逢う期待を

     裏切るのだろうか】

 

           『千載和歌集』 巻第十七 雑歌中

     広田社の歌合によめる           藤原盛方朝臣

1082 あはれてふ人もなき身を憂しとても 我さへいかがいとひはつべき

     【あわれという人の一人もいない身を憂いとしても、私自身さえどうして

      厭い通してしまうべきだろうか】

 

           『新古今和歌集』 巻第十六 雑歌上

       題しらず               藤原盛方朝臣

1506 山の端に思ひも入らじ世の中は とてもかくても有明の月

     【有明の月が隠れずに空に懸っているように、私も山の端に隠れてしまおう

      と思い込んだりはするまい。この世の中はどうしようとこうしようと

      生きてゆけるのだ】

 

(※)平忠盛桓武平氏。永長元年(1096)生まれ、仁平3年(1153)没、58才。讃岐守平正盛の息子、清盛・経盛・忠度らの父。白河・鳥羽・崇徳三代の側近を務める。正四位上刑部の卿に至る。崇徳院が召した『久安百首』給題当初は、藤原公行(三条公行)、藤原公能、源行宗、藤原教長藤原顕輔たちと共に平忠盛も名を連ねていたが、仁平3年(1153年)に平忠盛が没したため、藤原隆季が追補された。家集『平忠盛集』。『金葉集』初出、『千載和歌集』1首入集。

 

 

参考文献:『新日本古典文学大系10 千載和歌集』 

       片野達郎 松野陽一 校注 岩波書店刊行

     『新潮日本古典集成 新古今和歌集』久保田淳 校注 新潮社

     

 

 

新古今の景色(75)院政期(50)歌林苑(40)藤原伊綱~素覚の息子

素覚(※1)の息子・藤原伊綱(これつな)の生没年は未詳だが、建仁2年(1203)迄は生存したとされ、姉妹に皇嘉門院に仕えた尾張(※2)。五位中務大輔。治承2年(1178)「別雷社歌合」、正治2年(1200)『石清水若宮歌合』に出詠。『千載和歌集』初出、2首入集、『新古今和歌集』1首入集。

 

          『千載和歌集』 巻第十二 恋歌一

700 つれなくぞ夢にも見ゆるさ夜衣 うらみむとては返しやはせし

    【夢の中で恋人は、冷ややかにそっけなく見えたことだ、

     このように恨もうと思って裏返した夜の衣であろうか。

     恋人に逢いたいと思って夜の衣を裏返して寝たのに】

 

          『千載和歌集』 巻第十九 釈教歌

        法華経序品(じょぼん)の心をよめる

1239 春ごとになげきしものを法(のり)の庭 散るがうれしき花もありけり

     【春毎に花の散るのを歎いたものだが、説法の場には霊鷲山の釈迦説法の

      座が連想されて散るのが嬉しい花もあったのだよ】

 

          『新古今和歌集』 巻第二 春歌下

       山家ノ三月尽(じん)をよみ侍りける

170 来ぬまでも花ゆゑ人の待たれつる 春も暮れぬるみやまべの里

    【実際には来ないのに、花を見に人が訪れないかとつい待たれていた春も  

     暮れてしまった、山里のさびしさよ】

 

(※1)素覚:下記サイト参照、

    https://k-sako.hatenadiary.jp/entry/2021/04/09/105109

 

(※2)尾張:生没年未詳。菅原在茂室。皇嘉門院(崇徳天皇の皇后、聖子。父は藤原

    忠通)の女房。『千載和歌集』初出、1首、『新古今和歌集』1首入集。

 

          『千載和歌集』  巻第十三 恋歌三

833 命こそを(お)のがものから憂かりけれ あれば人ぞつらしとも見る

    【この命こそわがものでありながら、つらくままならぬものだなあ、生きて

     いるからこそあの人を恨めしいとも見るのだから】

 

          『新古今和歌集』 巻第十五 恋歌五

        題しらず            皇嘉門院尾張

1400 歎かじな 思へば人に つらかりし この世ながらの むくいなりけり

     【あの人がわたしに冷たいからといって歎きますまい。

      よくよく考えてみれば、それは、私が他の人に薄情だったことに対する、

      現世での報いだったのですね】

 

参考文献:『新日本古典文学大系10 千載和歌集』 

          片野達郎 松野陽一 校注 岩波書店刊行

     『新潮日本古典集成 新古今和歌集』久保田淳 校注 新潮社